INNOVATION BLOG

指導者として考えさせられること

2017年5月11日

こんな面白い話し。
先日、県外の某高校(全国大会常連校、上位チーム、プロが出ている)の監督さんがわざわざ来て頂き
こんなお話をされました。

例えば、中学生のころむちゃくちゃ足が速かったとしましょう。
言いかえればそれで中学生年代で通用したということ。

高校生になればそれが通用しない時期が来るのです。
しかし、もう一度高校3年生の頃に、その速さが通用する時が必ず来るのです。

テクニックがある選手も同じです。
高校に入りフィジカルで潰されたとしても、もう一度必ず花開く時期が来るのです。

※中学生だと、小学生に輝いていたことが中学3年生で花開くということ。

高校3年生は18歳。
育成の最終時期ではないかと思うのです。

この話を私なりに紐解くと…

◆ 花開くもの(技術・フィジカル・秀でた能力)がもともとなければ花は咲かない。
種がない所に花は咲かない。

◆ 花開く時期を感じれるかどうか。

◆ 花開くまでの苦しい時期を越せるかどうか。

特に最初の内容の、種の無い所には花が咲かないので、その種を植えておかなければいけません。
その種の解釈は人それぞれですが、凄く考えさせられます。

状況に置いては、あることを伸ばすことが、あることを犠牲にすることもあるということです。

例を挙げると、前へ向いて推進力のあるFWが居たとします。
ストライカー的存在です!
その選手の秀でた能力は前へ向いてのプレー。ゴールへの執着心!!

その選手に、ポストプレーを覚えさせるためにTRから、試合も要求したとします。
プレー的には反対ですから、そのFWの選手の前へのプレーは犠牲になり、ポストプレー能力は確かに上がります。
そして、平均値の選手になってしまいます。

このお話、どう思いますか?

じゃーポゼッションが全くできなくても、シュートが上手ければいいのか?
という話にもなりえませんし、育成年代として考えればどうか?という話しになります。

プロや高校3年生の話であれば、確かにそうかもしれません。
役割がはっきりするためです。

う…ん。
簡単に『そうですね!』では終わらない内容です。

あっ。
このブログで私の考えや正解を書くのが目的でもなんでもないですが、考えさせられます。

でも私が普段見ている中学生にはこんなことも言います。

ドリブルが上手い選手がいます。というより好きなんでしょう。

『ミスしてもいいから磨け!』とも言います。

『ドリブルをする為にはスペースが必要だから前提条件を作る為にパスの選択は必要だ!』とも言います。

本人には細かく意図や考えを伝えているので頭の中は混乱はしていませんが、自分でもどうなのかなぁ?とも思っています。

やたらとシュートを打つ選手がいます。
いいキックを持っているのですが、枠にいかないこともあります。
でもそのシュートが入れば、もっと打て!と。

入らなければ、打つな!!と言いがちです。
でもそんな結果論で言いたくもないので、『そのシュートが入ればいいプレーだからもっとキックを磨け!』と言いながらも、
シュートを打つ空間にスペースが多くあるからドリブルも効果的だぞ!と言っちゃいます。
相手がシュートを打たせないようにタイトに来ると、パスも有効的だぞ!と言っちゃうわけです。

育成年代だからこそ、ついついあれも、これもと伝えてしまいます。
いいのか、悪いのかはその時の状況に応じて異なりますが、自分でしゃべりながら、たまに矛盾を感じる訳です。
今のタイミングでどっちを言ったらよかったのだろう?って。

独り言のようになってきましたが(笑)
指導者の立ち位置や発する言葉って何か選手の人生も変えてしまいます。

指導者も奥が深い!
サッカーは奥が深い!!
が、原理原則は不変的!!

一つ言えることは、

種を植えないと芽は出ない。
種を植えても水やりをしないと芽が出ない。

たまに水もやっていないのに花が咲く雑草花もあります。

あくまでも比喩法の会話です。

お得意の結論の出ない会話でした!
でも指導者をしてまだ10年ちょいですが、真っ暗闇から、霧になってきました。
ここから2~3年できっとうっすらと前が見えるのかもしれません。

いゃぁ~やっぱりサッカーは面白いね!!!
生涯旅だね!

あっ。これいじめてないで!

腕立てが出来ないというから…頑張れ!と…

私はこんないじわるしてないですよ。。。

ほれ!上げろよ!!とか…
香川敬典

カテゴリー:
いのべブログ
  1. シーガルジュニアユースコーチ より:

    お疲れさまです

    私も同じように悩み、日々葛藤していますが
    スペインで少年サッカーの指導をされている日本人コーチの面白い話があるので
    参考までに記載します
    長いですが…

    「小学生に戦術は必要です!」

    というか、小学生に戦術を教えてはいけない理由が分からないのだが
    戦術禁止派の気持ちになって考えてみよう

    禁止派の代表的な意見に「戦術は技術の育成を阻む」というのがある
    相手ゴール前で1対2の状況を思い浮かべよう
    戦術を教えなければ、子供はやみくもにドリブルで突っかける
    で、最初は10回中10回失敗するが「ドンマイ、ドンマイ」と励ましていれば
    1年後には15回に1回突破できるかもしれない
    2人を抜いたとなるとすごい技術である
    小学生時代はこの個人技が育てばいいではないか、というのが彼らの言い分だ

    戦術を教えていれば子供は、ドリブルで突っかけず、味方を探しパスを出す
    個人技が育たないではないか、と
    確かにそうだ
    1対2で突っかけるのは駄目だと教えているのだから
    だが、その代わりに育つものがある
    状況を判断する能力
    周りの仲間を探す能力
    仲間も戦術を教えられているからこそサポートに来ているはずだ

    こういう戦術的な能力は育てなくていいのだろうか?
    そして、1対2では突っかけないが、1対1なら突っかけて良いのだ
    1対1なら成功率は最初から50%、1年後には80%に上げられるだろう
    1対1を抜ける力が付けば、個人技では十分ではないか

    今までの話をまとめると
    「2人抜く個人技」vs
    「1人抜く個人技」
    +「状況判断力」は
    どちらが重要か? ということになる 

    私は後者だと思う
    私が心配しているのは
    子供たちの足ではなく頭だ
    小学生のうちに
    見る癖
    考える癖
    判断する癖を付けておかないと
    中学生では遅い
    「小学生は技術、中学生から戦術」というのではなく
    「小学生から技術と戦術」
    12歳まで「突っかけろ」と言われていた子が
    13歳になると「周りを見ろ」と言われる
    この不自然で機械的な切り替えが
    子供の頭の中に混乱を招かない方がおかしい
    以前のコラムで書いたサッカーインテリジェンスは育てなくていいのか?
    というのが禁止派への私の問いである

    もう1つ、禁止派の代表的な意見に「個性が伸びない」というのがある

    戦術とは集団で状況を打開する術であり
    確かに1対2でドリブルで突っかけるような個は伸びない
    だが、そんなサッカーインテリジェンスに欠けたプレーが本当に個性で
    指導者はそれを伸ばして本当に良いのだろうか?

    それと、これは教育一般に言えることだが
    、教育とは平準化、平凡の強制であり中庸な人を育てることを目標としている
    教育の目的が個性を伸ばすことなら教科書は不要だ
    個性が育たない?
    心配ご無用
    本当の個性は平準化や平凡化を打ち破って出てくるもの
    伸ばすべき強い個は強制なんかに負けません

    サッカーで言えば、戦術の殻を突き破って個性は生まれる
    うちのチームのガキは1対2でも行けると思ったら突っかけますよ
    やれると思ったらやる
    後で私に怒られてもやる
    これこそ強い個である

    ただし、日本とスペインでは文化と社会が違う
    スペインの子は多分、私の話を60%くらい聞いている
    で、残り40%の30%くらいを無秩序なプレーで費やすものの
    10%くらいでクリエーティブなプレーをする
    これが戦術の強制から出てくる強い個である

    しかし、日本の子なら私が怒鳴れば
    その95%くらいは右へ倣えで話を聞くに違いない
    残りは5%しかないので個性が出てくる余地がない
    もし日本で指導する機会が与えられたら
    「私の言うことは話半分で聞け
    私の意見に反しても、やれると思ったら自分の判断でやれ」
    と子供たちに言うだろう

    同じことをスペインで言ったら、やつらは私の言うことを10%くらいしか聞かなくなって大変だが

    9月末にスタートした今季の指導で教えた戦術をまとめてみよう

    ・GKからのボール出し
    ・マークの仕方
    ・前からの、マークをずらしながらのプレス
    ・CKの守備
    ・CKの攻撃
    ・キックオフのセットプレー
    ・サイドをえぐってのシュートパターン(前回のコラムで書いたもの)
    ・CKの攻撃時のトリックプレー
    ・GKからのMFを使ったボール出し

    最後の「GKからのMFを使ったボール出し」というのは
    「GKからのボール出し」を発展させたものだ

    センターバック(CB)
    が開いてボールを受けるというパターンが敵に知れ渡ってきて
    うちのCBが相手の2トップにマークされ始めたので、その対抗策である
    こういうふうに戦術は相手に研究されることで、どんどん高度化していかなくてならない

    バルセロナやマンチェスター・シティのGKからのボール出しを見ていると、CBがマークされた時
    セルヒオ・ブスケツやフェルナンジーニョが下がってボールを受けてサイドへ展開する
    われわれがやりたいのはあれである
    が、うちにはブスケツもフェルナンジーニョもいない
    どうするか?

    あらかじめ約束事としてMFが出すサイドを決めておけば良い
    GKのボールが右側にある時は右のサイドへ展開するので、MFは右向きの半身で下がり、右サイドを視野に入れた状態でパスを出す
    ブスケツやフェルナンジーニョは首を振りながら下がり、右か左か一瞬で判断してつなぐのだが

    うちのチームではそんなテクニックの持ち主はいないので約束事(戦術)で難易度を下げる
    このように戦術によって必要な技術が決まる

    別の例を挙げよう
    サイドではサイドラインを背負って半身になってボールを受けなくてはならない
    なぜか?
    ボールを受けるや否や反転し、前を向いてサイドを駆け上がったり
    味方を視野に入れてワンツーをしたりする必要があるからだ
    これをうちのチームでは戦術練習の一貫としてやる

    GKからCB経由でサイドに渡った時点で攻撃のスイッチが入る、という戦術でやっているのだから
    サイドの選手は半身でボールをコントロールし反転する技術がなくてはいけない
    半身からの反転は、単独に技術練習としてやっても良い
    が、それは実戦的ではないし退屈だ
    GKからボールを出し
    CBまたはMFからのパスを受けたサイドに張った選手が反転しサイドをえぐる
    という一連の動きの中でやった方が、そのまま試合に使えるし面白い

    戦術が必要な技術を決めるから、戦術と技術は切り離せない
    だから実戦的な技術を教えるためにも
    小学生から戦術を教えるべきだと考えている

    みなさんはどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です